コラム

どちらも首に巻くものである、ストールとマフラーの違いはなんですか

更新日:

どちらも首に巻くものである、ストールとマフラーの違いはなんですか

秋冬のファッション、あるいは防寒に欠かせないストールとマフラーですが、実は似ているようでかなりの違いがあります。

まずそもそもマフラーとはどのようなものかというと、幅が狭い長方形であり、カシミヤやウールといった厚手のニットやファーなどの素材で作られたものを指します。

一方のストールは同じ長方形でも幅が広い、どちらかといえば正方形に近い形をしており、素材は麻や綿、絹などの軽めのものからカシミヤなどのニット素材まで幅広く使用されているという特徴があります。

長さもマフラーより長く、肩からかけられるようになっている点も特徴的です。

これらの特徴を見ると、ストールとマフラーは形状や素材などが異なるということが理解できるでしょう。

ストールとマフラーは使用シーンも異なっています。

ストールはその素材の多様さから秋冬の防寒はもちろん、ファッションアイテムとして活用したり、夏場のクーラーから体を守るために重宝されるなど様々なシーンで活躍します。

一方のマフラーはというと、厚みがあるものが基本ということもあって防寒用途が主な活用シーンとなります。

様々な柄や色の展開があるストールに対し、全体的に男女であまり差異が見られないのがマフラーといった違いを見出すことも可能です。

ちなみにストールやマフラー以外にも似たファッションアイテムは多く、ニットやファーなど厚手の素材でできているけれども輪っか状になっているものはスヌード、薄い透け感のある正方形のものはスカーフ、そしてストールとよく似ているけれども正方形であるものはショールといった区別がされています。

これらのアイテムを気候やファッションに合わせて使い分けてみるのも良いかもしれませんね。

-コラム

Copyright© コンプレックスが上手く隠せるレディースファッション , 2020 All Rights Reserved.